Funeral

最良の霊園を探すなら|サービス内容を要チェック

お墓選び

種類を把握して選ぶ

墓と家族

神奈川県内には多くのお墓がありますが、お墓には大きく分けると墓地と霊園の二種類があります。
墓地は運営しているのがお寺となり、宗教や宗派に左右されることになります。
そのお寺の檀家になることから始まり、もしも仏教ではないとなるとお墓をたてることすら断られるという墓地も神奈川県内にはあるほど厳しく判断されることになります。
一方、霊園となると公益法人や自治体が運営者となり、どのような宗教であっても入ることができたり無宗教という人のための供養方法も用意されています。
神奈川県内の霊園でもお墓の種類があり、一般的な屋外に墓石をたてるという方式の他にも、室内のお墓でもある納骨堂もあります。
納骨堂は、本来お墓が出来上がるまでなど一時的な遺骨の保管場所として利用されていたものですが、今日では長期的に利用ができるようになり、神奈川県内でも50回忌まで利用しているという家庭もあります。
一般的には13回忌や33回忌までになりますが、その霊園との契約によっては期間が選べることもあります。
期間が終了した時点で自分の家のお墓がないという場合には、遺骨が移動されて合同供養墓に入れられることになります。
他の家の人の骨と一緒に埋葬されることになりますが、永代供養として利用ができます。
子供さんがいないという家庭になれば、自分の家のお墓を守ってくれる人がいなくなってしまいますが、その霊園でずっと供養をしてもらえるので安心です。

誰でも使えるお墓

男の人

お寺のお墓は檀家にならないといけない、公営霊園はその自治体が管理する地域(市区町村)に住民登録をしている必要があり、さらには遺骨が無いと申し込めないなど、お墓を探すときにネックになるポイントがそれぞれの霊園にはあります。
そんななか、神奈川の民営霊園は檀家になる必要がなく空いていればどこに住んでいても、また生前でも申し込み可能です。
こうした神奈川の民営霊園の多くは、まるで公園のような美しい環境が整っているものが多いです。
墓石も従来の縦長のものだけではなく、背が低い洋風のものが並んでいるところですと見晴らしが良く広々とした空間が感じられますし、芝生の区画は映画などに出て来る海外の墓地のような雰囲気を持っています。
こうした神奈川の民営霊園では、専属スタッフが植栽の管理や掃除を毎日行うなど細かな手入れがされ、美しい状態がキープされています。
たとえば、墓前に供えられた花が枯れていたら取り除いてくれるということは当たり前に行われています。
公営霊園ですと、こうしたことは霊園側ではやってもらえないため、マメな管理や墓参代行の業者へ依頼する必要がありますが、民営霊園でしたらそうした負担がないのです。
また、神奈川という立地のため、県内だけでなく東京や静岡方面からのアクセスも良いため、県外からお墓を求める人も多くなっています。
こうした魅力的な霊園が、県内全域に複数あります。
首都圏でお墓を考えるときは、神奈川県も候補になるでしょう。

利用案内を確認しておく

女性

神奈川にもお墓の購入を検討している方もいるのではないでしょうか。
神奈川には寺院や霊園はたくさんありますが、墓所の購入の際にはご自分の宗教や宗派のことも考えておく必要があります。
神奈川のみなさんも宗教不問、宗旨・宗派と記載されている霊園の案内を目にしもことのある方もいるはずです。
また、過去の宗派は不問という文言も見ることがあります。
この違いを説明すると、宗教不問は文字通り宗教による制限がまったくないということです。
仏教やキリスト教、他の宗教に関わらず墓地の購入ができます。
対して、宗旨・宗派不問とは、仏教の信者であれば墓地を購入ができるということです。
ちなみに、宗旨とはその宗門の信仰している教義のことで、宗派とは同じ宗教内で解教義の解釈や儀式上の違い等により分かれた分派のことです。
続いて、過去の宗派は不問と書いている場合は、現在信仰している宗教や宗派は問わないということです。
このタイプは、寺院に付属している墓地の場合が多く、購入した後はその寺院の檀家になる必要があります。
このように、霊園の利用案内には違いがありますので、神奈川で墓地を探すときは気を付けて見ておきましょう。
しかし、公営の霊園や民間の霊園は、原則的に宗教は不問としているところが大半です。
こちらなら現在ご先祖が信仰してきたものとは違う宗教を信仰している方や、家族で信仰に違いがあるといった場合でも安心して購入できるでしょう。
また、祭祀についても制約があるわけではなく、自由に行えるので心配の必要もありません。